[18B106]
脳の老化ってどんなこと?~からだのサビが認知症を引き起こす!~

講座概要

18b106-01
高齢化社会を迎え、老人性認知症やアルツハイマー病の患者数が増えていて、今大きな社会問題となっています。老化・寿命・アンチエイジングとは何か、サプリメントの有用性はあるのでしょうか。
老化はだれもが避けて通ることのできない生理現象です。老化には様々な説がありますが、本講座では鉄や銅が錆びるのと同じく、「体が錆びる」をキーワードとし、生体の酸化が老化を促進する一因であるとして、基礎全般から、現在、芝浦工業大学で行っている研究データも交えて講演します。
物忘れやシワができるのは「歳を取ったからしょうがない」ではなくて、きちんと原因と理由があります。
若返りをすることはできませんが、老化の速度を遅くすることが可能かもしれない、ということが近年の研究からわかってきました。
老化・アンチエイジングに関しては情報が氾濫しています。中には間違った情報もありますので、本講座が正しい老化の理解の一助となれば幸いです。

*講座の内容は2016年度に実施した講座と類似したものとなります。

講師プロフィール

福井 浩二講師:福井 浩二(芝浦工業大学システム理工学部教授)

2003年芝浦工業大学大学院博士課程修了。和歌山県立医科大学医学博士研究員、北海道大学理学部助教、東京都老人総合研究所、協力研究員、National Institutes of Health Special Volunteerを歴任し、現職に至る。
Society for Neuroscience、 Society for Free Radical Research International、日本ビタミン学会、日本基礎老化学会、などに所属している。現在は脳老化のメカニズムの解明について従事している。

座右の銘は、去る者は追わず来る者は拒まず。

講師からのメッセージ

老化にも種類があることを皆さんご存じですか?本講座では老化とは?寿命・アンチエイジングとは何かを説明します。
中でも脳の老化に焦点を絞り、認知症やアルツハイマー病がどうして起こるのか。その原因について“からだの酸化”の角度から、本学での研究成果も含めてやさしく紹介します。

受講者の声

・活性酸素のお話がとても役に立ちました。良いと思っていたことが真逆で、生のお話をきけてよかったです。(50代女性)

・最大寿命120才に納得!!酸化してしまった人間でも、希望あることがうれしかったです。(70代男性)

講座スケジュール

回数内容
第1回寿命が延びた、若返った、という言葉は日常的に使われていますが、学問的には間違いです。
何が間違いなのか?サプリメントは本当に効くのか?現在の老化研究の最前線とは?老化のイロハについて、やわらかくお話しします。

講座データ

会場 豊洲キャンパス(江東区豊洲)
日程 1月26日
曜日 土曜日
時間 13:00~15:00
回数 全1回
受講料 1,500円
定員 100名(先着順)
申込締切 1月7日(月)

関連URL

http://www.sic.shibaura-it.ac.jp/~koji/index.html

お申し込み

申し込みはこちら

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む