公開講座ロゴ

[19A302]
地震による地盤災害への備え~液状化のメカニズムとその対策~

講座概要

19A302
東日本大震災では、震源から遠く離れた東京近郊にまで「地盤の液状化現象」による大規模な被害が発生しました。
液状化は、人々の生活や都市機能に影響を与えるため、未然に防ぐことが重要です。液状化はなぜ起こるのでしょうか。
この講座では、液状化現象やそのメカニズムを解説します。
また実務者の方もお招きし、産学が共同してどのように地盤の液状化に立ち向かっているか説明します。

講師プロフィール

講師:稲積 真哉(芝浦工業大学工学部教授)
兵庫県生まれ。
京都大学大学院修士課程修了、京都大学大学院博士課程修了。
京都大学大学院助教、明石工業高等専門学校准教授を経て2017年4月から現職。
土木学会、地盤工学会、日本材料学会に所属している。
日本杭抜き協会(代表理事)・DCS工法研究会(顧問)を務めている。

座右の銘は、和魂洋才(日本古来の精神を大切にしつつ、西洋からの優れた学問・知識・技術などを摂取・活用し、両者を調和・発展させていくという意味の言葉)。

【協力】
19A302

講師からのメッセージ

東日本大震災では、震源から遠く離れた東京近郊にまで「地盤の液状化現象」による大規模な被害が発生しました。液状化とは、一見硬そうな地盤が地震の揺れで液体状になることです。
その結果、地上の建物や道路などが沈下したり傾いたりするだけでなく、水道管が浮き上がり断水するなどライフラインへの影響も甚大です。
液状化は、人々の生活や都市機能に影響を与えるため、未然に防ぐことが重要です。では、液状化はなぜ起こるのでしょうか。その仕組みからご紹介します。

講座スケジュール

回数内容
第1回あおみ建設株式会社の方にご協力いただき、産学が共同してどのように地盤の液状化に立ち向かっているか説明します。

講座データ

会場 大宮キャンパス(さいたま市見沼区)
日程 8月31日
曜日 土曜日
時間 10:30~12:00
回数 全1回
受講料 1,500円
定員 50名(先着順)
申込締切 8月6日(火)

お申し込み

申し込みはこちら

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む