公開講座ロゴ

[19B146]
月惑星探査ロボットの移動を実験から考える!~新しい移動機構への挑戦~

講座概要

宇宙探査の意義は、人々の興味から、人類の存在の意味を理解するなどといった大変大きな意味があります。 そして最新技術や次なるステップとして、月周回基地や月面の基地などの計画を企業単位で検討されています。宇宙の利用、月面の利用するためには探査技術は大変重要です。また、月面を探査する技術は、地球上でも大変有意義な技術発展と繋がることができます。

本講座では、宇宙探査、特に月や火星などの表面など移動しながら探査するロボットについて講義します。月や火星の表面は、隕石などが衝突してできた細かい砂、レゴリスが深く厚く堆積しています。その軟弱地盤上をいかに移動するのか!?という点に着目して、さまざまな移動についてご紹介します。また、学生独自で検討したアイディアについても紹介します。さらに、この月面移動の技術を生かして、レスキュー車両用の空気レスタイヤや農業用ロボットへの応用展開についても講義します。

講師および学生チームからの2構成です。アイディアがどのように創出されてきたのか、
どのようにものづくりにつながっていくのかなどについて、着目していただけたら幸いです。

講師プロフィール

講師:飯塚 浩二郎(システム理工学部機械制御システム学科教授)

東京農工大学大学院、セイコーエプソン株式会社、総合研究大学院大学 (博士(工学)) 宇宙科学専攻(JAXA RA)、中央大学理工学部助教(JAXA共同利用研究員兼任)、信州大学繊維学部TT助教、准教授を経て、2016年に芝浦工業大学システム理工学部機械制御システム学科准教授に着任、現在に至る。農業機械技術検討委員会委員[農研機構]、宇宙工学委員[JAXA]所属。日本スキー連盟(SAJ)スキー公認指導員。

所属学会: 日本機械学会、日本ロボット学会、地盤・車両国際学会(ISTVS)、テラメカニックス研究会、日本繊維機械学会。

受  賞:・Best Paper ; Kojiro Iizuka, Astumu Oki, Satoshi Suzuki, Takashi Kawamura,“ Study on Planetary Rover using Earth Pressure to traverse Loose Soil with Steep Slope,”Proc. on The 18th International Conference of the Ineternationa Society of Terrrain Vehicle Systems, CD-ROM(48), 2014.
・ Best Paper Award ; Kojiro Iizuka, Tatsuya Sasaki, Hidenori Hama, Atsuro Nishitani, Takeshi Kubota and Ichiro Nakatani, “Development of a Small, Lightweight Rover with Elastic Wheels for Lunar Exploration,”Journal of Robotics and Mechatronics, pp.1031-1039, 2012.

・ベストプレゼンテーション賞 ; ロボティクス・メカトロニクス 講演会-2017 in Fukushima

「ホイールベース可変機構を搭載した軟弱地盤移動ローバに関する研究」

宇宙開発プロジェクト「なよたけ」

第17回(2019年度)学生プロジェクト(大学チェンジ部門)団体。             「衛星設計コンテスト」への出場を目標とし、宇宙に関わるロボット・デバイスの製作を行っている。

2018年10月27日に開催された第26回衛星設計コンテスト(※)に出場し、月面探査ローバを開発したチーム「Sew」がアイデア大賞・日本機械学会宇宙工学部門一般表彰スペースフロンティア賞・最優秀模型賞の三冠を、月地中探査機支援システムを開発したチーム「TTT」が審査委員長特別賞を受賞している。
※主催:日本機械学会、日本航空宇宙学会、電子情報通信学会、地球電磁気・地球惑星圏学会、日本天文学会、宇宙航空研究開発機構、宇宙科学振興会、日本宇宙フォーラム。

講師からのメッセージ

難しい話ではなく、実験から得られた知見やその知見を生かしたアイディアについてお話させていただきます。宇宙にちょっとでも興味ある方、ぜひともいらしてください。

受講生の声(中央区民カレッジ)

・動画を多く見ることができ、とてもわかりやすかった。学生の研究が月探査に実際に使用されることを期待します。

・学生さんのプレゼンも良かった。新しい移動機構への挑戦も興味が深まった。

・感動さえ覚えるような研究発表でした。

・学生ががんばっている!スゴイ!理解しやすく面白かった。男子学生のプレゼンがスバラシかった。

講座データ

会場 大宮キャンパス(さいたま市見沼区)
日程 11月30日
曜日 土曜日
時間 13:00~15:00
回数 全1回
受講料 1,500円
定員 50名(先着)
申込締切 11月18日(月)※(申込受付期間を延長いたしました)

お申し込み

申し込みはこちら

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む