公開講座ロゴ

[19A207]
未来を創造する~イノベーションマインド活性化セミナー~

講座概要

19A207
グローバルな社会情勢が混沌としていく中で日本の産業が再び輝きを取り戻すためには、未来を創造できる中堅層が活躍しなくてはなりません。

「イノベーション」は経営学や経済学を中心に構築されてきた知識体系の上に成り立っています。
それが今世紀に入り、すさまじい勢いで進化する情報通信技術(ICT)と融合することで、グローバルな産業構造が大きく変わってしまいました。

本講座は、「社会人の学び」に重点を置き、イノベーションの講義を中心に3回にわたり開講します。
体系化された知識に基づいて自らの考えで事業を進化させていく「イノベーションマインド」を自身の中に見出していくことを目的として、現在のイノベーションの潮流に対する感度を高めるための知識を学ぶことができます。

講師陣は、技術経営(MOT)の専門家を中心に実務と理論を順序立てて理解しやすいようにお招きし、社会人であれば無理なく理解できる内容で講義をしていただきます。
今回は実習やワークショップはありませんが、講義後に意見交換会を設けます。

これからの時代は、企業の中で勝ち抜く力を養うのではなく、領域を超えて戦い抜く力を身に付ける必要があるのではないでしょうか。
この講座ではそのようなマインドをみなさんの中に目覚めさせることを狙いとしています。

講師プロフィール

 

第1回:町田 尚
町田 尚
1973年東北大学工学部卒業、同年日本精工株式会社入社、研究開発に従事。横浜国立大学より博士(工学)。2009年取締役代表執行役副社長・技術開発本部長を最後に退任し同社特別顧問、顧問を歴任(2014年6月まで)。日立金属社外取締役(2011-2017年)、東京大学生産技術研究所顧問研究員(2011-2018年)。芝浦工業大学専門職大学院(MOT)教授(2012-2018年3月)。同客員教授(2018-2019年3月まで)。現在、日本精工株式会社社友、NSKメカトロニクス高度化財団評議員、東京大学生産技術研究所次世代育成オフィス諮問委員など。座右の銘はTHE FUTURE BELONGS TO THE BRAVE。

 

第2回:児玉 文雄
児玉 文雄
東京大学工学部卒業、工学博士。ハーバード大学客員教授、スタンフォード大学客員教授、東京大学先端科学技術研究センター教授、芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科研究科長・教授を歴任。現在は東京大学名誉教授、芝浦工業大学名誉教授。
(著書)
『技術潮流の変化を読む』日経BP社(2008)
『技術経営戦略」オーム社(2007)
『ハイテク技術のパラダイム』中央公論社(1991)

 

第3回:阿部 剛士
阿部 剛士
芝浦工業大学大学院にてMOTならびに博士課程修了(2009年)。1985年インテル(株)入社、応用技術本部、マーケティング本部、技術開発・製造技術本部、取締役兼執行役員、副社長を歴任。2016年横河電機に入社、現在常務執行役員 兼 マーケティング本部長。座右の銘は則天去私。

 

 

コーディネーター:志手 一哉(芝浦工業大学建築学部教授)、長谷川 豊(元芝浦工業大学専門職大学院(MOT)特任教授)、加藤 恭子(芝浦工業大学デザイン工学部准教授)

講師からのメッセージ

世界最先端の状況と傾向を共有する。
一方でVUCAワールドを生き抜く答えを教示するものではなく、
それらを考え始める切欠とヒントを与える。
受講者の考える力の鍛錬の一役を担うことを目標とします。

技術変化、社会変化が流れとなって未来を創り上げて行きます。
そして私たちはその未来の一員として生きていきます。
ですから自分が生活する未来を考えることは重要なことですし、楽しいことです。
未来を考えて、自分の未来を作り上げましょう。

ぼーっと生きていては世界から置いてきぼりになってしまいます。
みなさん、いっしょに勉強しましょう。

講座スケジュール(当初の予定より変更しております)

回数日時講師
タイトル
内容
第1回7月6日(土)
15:00~
町田 尚
グローバリゼーションが起こした巨大変化とは?
グローバリゼーションが起こした巨大変化の中で日本の製造業は大きく揺れ動いている。
これまで技術や品質に自信をもって発展してきた企業といえども危機感は大きい。
日本企業が技術をもって世界の中心であり続けるためには、何をなすべきかを考えます。
変化の時代に未来を予測し、行動するためには、どのような学習の仕方をすべきかを学び、
未来を考える力・習慣を身につけていきましょう。
第2回7月13日(土)
15:00~
児玉 文雄
IoT革命へ備えて
「失われた25年」の根底には、ハードのコンピュータ技術からIT革命への切り替わりに、
日本企業が「不意を突かれた」ことと、IT時代の新しいマネジメントに追随できなかったことが、いよいよ明らかになりつつある。
今後出現してくるIoT革命には、今から、準備しておかねばならない。
IoT革命は、今までに経験したIT革命とは、かなりその性質が異なるようである。
そのため、IoTの技術革新の性質を早めに把握し、今から戦略を立てておかなければならない。
筆者の最近の研究をもとに、IoT革命の本質と戦略について、論じてみたい。
第3回7月13日(土)
16:45~
阿部 剛士
VUCAワールドと企業におけるデジタル・トランスフォーメーション(DX)の本質
この20年以上、成長に苦慮する日本企業。
1990年代は世界の企業価値ランキングでTOP15をほぼ独占していた日本企業が、
今や1社もランキングされていない。さらにGDPでは中国に2位の座を明け渡し、
米国などの先進国はさらに成長を継続している一方、日本経済は停滞から抜け出せていない。
マクロ環境では激変する変化のスピードが益々加速し、その変化もリニアの変化から指数関数的な変化になってきた。
21世紀は様々な意味合いで過去の世紀とは違った変化を遂げる。
先ずは世界環境を理解し、今後VUCAワールドでどのように企業は生き残っていけるかを考察する。

講座データ

会場 芝浦キャンパス(港区芝浦)
日程 7月6日(土)、7月13日(土) ※当初の予定より変更しております。
曜日 土曜日 ※当初の予定より変更しております。
時間 【第1回】7月6日(土):15:00~16:30 【第2回】7月13日(土):15:00~16:30 【第3回】7月13日(土):16:45~18:15 ※当初の予定より変更しております。
回数 全3回
受講料 2,000円
定員 60名(先着順)
申込締切 6月13日(木)

お申し込み

この講座の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りを過ぎてもお申し込みが可能な場合があります。下記までお問い合わせ下さい。

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む