公開講座ロゴ

[19B143]
未来を創造する~音楽とテクノロジーの関係~「VOCALOID」「ピアノ」「ミュージシャン」の全3回パック

講座概要

音楽は常にその時代の技術の恩恵を被り、また技術に影響を与えてきました。本講座では「音楽とテクノロジー」の過去・現在・未来を多様な視点から俯瞰します。
(オプション企画として、企業ミュージアムのヤマハイノベーションロードおよびグランドピアノ工場の見学を予定しています。詳細は後日お知らせします)

特別協力

ヤマハ株式会社

株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ

講師プロフィール

講師:長谷川 豊(元芝浦工業大学特任教授)

芝浦工業大学大学院にてMOT修了(2011年)。

1981年~2018年ヤマハ株式会社にて新規事業開拓、

研究開発、製品開発を担当。

2017年~2019年3月芝浦工業大学大学院工学マネジメント研究科特任教授。

所属学会:日本MOT学会、日本音響学会、地域デザイン学会。

特別講師(回数順)

第1回 剣持秀紀(ヤマハ株式会社)

第2回 和田雅博(ヤマハ株式会社)

第3回 荻野伸之(株式会社ヤマハミュージックコミュニケーションズ)

講師からのメッセージ

各回独立した内容の講座ですが、3回通しで参加いただけると、より立体的に音楽とテクノロジーの関係を理解いただけます。

毎回、質疑応答の時間を設け、受講者の興味・関心に沿った内容にしてまいります。

また、オプション企画として、静岡県のグランドピアノ工場見学、ヤマハイノベーションロード(企業ミュージアム)見学を予定しています。詳細は講座の際にお知らせします。

講座スケジュール

回数日時講師
タイトル
内容
第1回10月18日(金)
18:30~
長谷川豊
剣持秀紀
音楽と数学とコンピュータの楽しい関係
~VOCALOIDの父が語る~
最先端の音楽テクノロジー「VOCALOID」も、その原点は人間が音楽を科学的に理解した頃にまでさかのぼります。「良い音」「自然な歌声」を現代の技術はどのように実現してきたのか。開発者ならではの視点で「音楽と数学とコンピュータ」の関係を楽しく解説します。
第2回10月25日(金)
18:30~
長谷川豊
和田雅博
楽器に見るアコースティックとデジタルの新しい関係
~ピアノ開発者が語る~
楽器の王様とも称されるピアノが発明されて300年以上。今回は、最新のデジタル技術を組み込んだアコースティックピアノを会場に持ち込み、ピアノの歴史を振り返るとともに、最先端のハイブリッド技術を開発者自らが解説します。
第3回11月1日(金)
18:30~
長谷川豊
荻野伸之
ミュージシャンとテクノロジーの変わりゆく関係
~レコードプロデューサーが語る~
音楽家を発掘、育成し、世の中に問いかけるプロデューサーは、芸術、ビジネスの両面でテクノロジーに大きな影響を受けています。音楽シーンの先端でミュージシャンとテクノロジーの関係を見てきた講師が自らの体験を交えて語ります。

講座データ

会場 芝浦キャンパス(港区芝浦)
日程 第1回:10月18日、 第2回:10月25日、 第3回:11月1日
曜日 金曜日
時間 18:30~20:30
回数 全3回
受講料 6,000円
定員 各回50名(先着)
申込締切 10月18日(金)(申込受付期間を延長いたしました)※受講料のお支払いは銀行振込のみです。 当日現金でのお支払いには対応できません。 お支払いが当日になる予定の方は、受付にて振込先をお伝えしますので受講前にATM等でお振込いただき、 振り込み記録を受付の係員にご提示ください。

お申し込み

この講座の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りを過ぎてもお申し込みが可能な場合があります。下記までお問い合わせ下さい。

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む