[17B402]
鉄道三昧!!師走もGO!

講座概要


本講座は、今回で9回目となり、毎回好評を博している人気の鉄道シリーズ講座。各講義ごとに個性豊かな講師が登場し、奥深い鉄道趣味の世界にご招待します!
今回は、「方向幕装置の歴史と技術」(羽深隆氏)、「消えた都営臨港鉄道」(名取紀之氏)、芝浦工業大学鉄道研究会による「鉄道技術講座」の三本立てでお送りします!
鉄道趣味に関する視点を広げ、更に豊かな人生を送りませんか。
さらに、今回はスペシャルとして午前中の講座もございます。ぜひ併せてのご参加をお待ちしております。

講師プロフィール

コーディネーター:藤田 吾郎(芝浦工業大学工学部教授)
法政大学大学院工学研究科博士課程修了。芝浦工業大学工学部電気工学科講師、同准教授を経て現職。専門分野は、電力システムの制御、運用、解析等。1988年に鉄道友の会客車気動車研究会に入会し、現在は代表と会報編集を担当している。
座右の銘は、趣味は人生の幅を広げる。

 

講師:羽深 隆
慶應義塾大学経済学部卒業。 (株)羽深製作所入社、常務取締役。2016年退社(会社解散)。

 

 

 

講師:名取 紀之
法政大学社会学部社会学科卒業。もと月刊『レイル・マガジン』編集長。月刊『レイル・マガジン』、『RMライブラリー』編集長、編集局長等を歴任。現在、OFFICE NATORIを主宰。日本鉄道保存協会顧問。

 

 

講師:芝浦工大鉄道研究会会員
芝浦工業大学学生。芝浦工業大学鉄道研究会に所属。1978年創立。過去本講座で講演のほか、子ども向け鉄道模型製作講座も開催。

講師からのメッセージ

鉄道趣味の超初心者の方、鉄道が好きでも忙しくてなかなか活動できない方など、定年を迎えて興味があるものの、いったい何をしてよいかもわからない方など、女性ファンの方も含めて、ぜひご参加下さい。

受講者の声

・3テーマとも各講師が発表を工夫され興味深く聞くことができました。(50代女性)

・なかなか聴くことができない話をしていただき、楽しく過ごすことができました(50代男性)

・鉄道にも色々な楽しみ方があるのだと思いました。様々な観点から物事を考える機会になりました(30代女性)

・超初心者ですが、電車がわりと好きで参加しました。講師の皆さんもとても楽しそうで、「鉄道は楽しい!」と感じました(40代女性)

講座スケジュール

回数タ イ ト ル・講師内容
第1講方向幕装置の歴史と技術
講師:羽深 隆
羽深製作所は、鉄道・バス用の方向幕装置などを製作したメーカーです。スプリング式の方向幕巻取器をはじめ、数々のユニークな製品を生み出しました。本講演では,方向幕装置の歴史と技術について業務経験を踏まえて説明します。
第2講消えた都営臨港鉄道
講師:名取 紀之
1980年代まで東京臨海部には港湾荷役の埠頭が広がり、そこには東京都港湾局が運営する“都営の”臨港鉄道網が張り巡らされていました。本学のある豊洲地区はその拠点のひとつで、深川線と呼ばれる基幹路線が石炭埠頭までのびていました。本講座では、地方自治体が運営したものとしてはわが国最大の臨港鉄道の盛衰を振り返るとともに、新旧の写真によって定点観測も試みます。
第3講芝浦工大鉄道研究会による
鉄道技術講座
講師:芝浦工業大学鉄道研究会
鉄道に関係する工学分野は機械工学・電気工学・通信工学・建設工学・システム工学等多岐にわたり、「鉄道はものづくりの集大成」と言われるほど工学との関係は強いのです。この講義では本学にて工学を学びつつ鉄道研究会にて鉄道趣味活動を楽しむ学生が、各々の専攻分野の面から鉄道システムについて古典的な技術から最新の技術までを解説します。

講座データ

会場 芝浦工業大学附属中学高等学校(江東区豊洲)
日程 12月9日
曜日 土曜日
時間 14:00~17:00
回数 全1回
受講料 1,500円
定員 100名(先着順)
申込締切 11月16(木)

関連URL

http://shibatetsu.net/

お申し込み

この講座の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りを過ぎてもお申し込みが可能な場合があります。下記までお問い合わせ下さい。
 

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む