[18B104]
自動運転システムの現在(いま)と未来

講座概要

18b104-01
現在、自動運転システムの技術の研究開発が進み、実用化に向けたロードマップの策定が行われています。
本講座では、自動運転システムにおいて、どのように安全を担保するのかドライビングシミュレータを用いた研究活動を紹介していきます。
またこれまでの技術を紹介し、将来目指す技術について国際基準の策定を例にみなさまに解説します。
講座内では、研究室のドライビングシミュレータを実際に見学します。
受講生の皆様と一緒に自動運転システムのあるべき姿を探っていきましょう。

講師プロフィール

廣瀬敏也
講師:廣瀬敏也(芝浦工業大学工学部准教授)

芝浦工業大学卒業。同大学大学院工学研究科博士課程機能制御システム専攻修了後、交通安全環境研究所、国土交通省を経て2013年4月より現職。

国連欧州経済委員会世界自動車基準調和フォーラム(UN-ECE/WP29)ブレーキ分科会(GRRF)にて国際基準の策定活動を行っている。

SAE(Society of Automotive Engineers)、自動車技術会、日本機械学会、日本人間工学会、日本知能情報ファジィ学会に所属。

座右の銘は、「継続は力なり」

受講者の声

・ヒューマンエラーをカバーするシステムの現状と未来について勉強になった。(70代女性)

・現在自動車の自動運転は、安全運転を支援するシステムが搭載されている事がよく分かり、今後の課題の国際基準化などの問題をクリアーしていかねばならない事が分かりました。(60代男性)

講座スケジュール

回数内 容
第1回自動運転システムについて、ヒューマンマシンシステムの観点からドライビングシミュレータを
用いた研究事例をわかりやすく解説し、国際基準化の動向から自動運転システムのグローバルな
活動について皆様にご説明いたします。

講座データ

会場 豊洲キャンパス(江東区豊洲)
日程 12月15日
曜日 土曜日
時間 10:30~12:30
回数 全1回
受講料 3,000円
定員 20名(抽選)
申込締切 11月25日(日)

関連URL

http://www.sys.meo.shibaura-it.ac.jp/

お申し込み

この講座の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りを過ぎてもお申し込みが可能な場合があります。下記までお問い合わせ下さい。

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む