[18B105]
シニアの転倒と骨折 ~転倒シミュレーターと転倒予防グッズ~

講座概要

18b105-01
本講座では、高齢者傷害の危険性評価や対策を、医学ではなく工学・力学の視点で考えていきます。
転倒予防や傷害対策関連グッズが工学的視点でどのように考えられて作られたものか、解説します。
手にとっていただけるグッズをいくつか用意し、体験していただきます。
脳卒中のような循環器疾患対策だけでなく、「ケガをしない」ことも健康寿命を延ばすためには重要です。
自分を知り、十分な対策をすることが大切です。
本講座で傷害対策を考えるコツをつかんでいただければと思います。

講師プロフィール

山本創太山本創太(芝浦工業大学 工学部教授)
芝浦工業大学工学部機械機能工学科教授。博士(工学)。
1996年大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。
2009年芝浦工大に着任。2016年より現職。
「みんなが自分の寿命を元気に全うすること」をサポートするため、
ケガの防止や運動の補助をするプロテクタや安全装置、
病気の予測を行うシミュレーション技術の開発を行っている。
日本機械学会、自動車技術会、日本転倒予防学会に所属している。

講師からのメッセージ

高齢者傷害は、ある日突然見舞われて寝たきりとなる原因の一つです。
脳卒中のような循環器疾患対策だけでなく、「ケガをしない」ことも健康寿命を延ばすためには重要です。
己を知り、十分な対策をすることが大切です。本講座で傷害対策を考えるコツを掴んでいただければ、と思います。

受講者の声

・転倒の研究が進んでいて、器具も生産されるとの事に、身近なことなので感動でした。(70代男性)

・人体工学という分野に初めて触れ、興味深く学べました。(60代女性)

講座スケジュール

回数内容
第1回高齢者傷害の危険性評価や対策を、医学ではなく工学、力学の視点で考えていきます。
転倒予防や傷害対策関連グッズが工学的視点でどのように考えられて作られたものか、解説します。
手にとっていただけるグッズ等をいくつか用意し、体験していただきます。

講座データ

会場 豊洲キャンパス(江東区豊洲)
日程 1月19日
曜日 土曜日
時間 13:00~15:00
回数 全1回
受講料 1,500円
定員 50名 (先着順)
申込締切 12月16日(日)

お申し込み

この講座の募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りを過ぎてもお申し込みが可能な場合があります。下記までお問い合わせ下さい。

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む