公開講座ロゴ

[20A110]
スポーツパフォーマンス分析入門 in 大宮キャンパス ~スーパープレーを支える人とテクノロジー~

講座概要

現在、トップアスリートが高度なパフォーマンスを発揮するためには、コンピューターやさまざまなウェアラブルデバイスといったテクノロジーと、そこから得られるデータの活用が欠かせないものになっています。

そうしたデータ分析や科学的な評価が必要とされている背景としては、人は主観的な判断だけでは誤りを起こす可能性があるために、戦術の判断や選手へのコーチングにおいて、客観的な指標が求められるようになってきたことがあります。

この講座では、サッカーやラグビーなど話題の競技の中で使われているテクノロジーと、そうしたテクノロジーを用いた「スポーツパフォーマンス分析」について、科学的な見地と、そうしたシステムの販売やサポートを通じた体験との両面から解説します。

また、テクノロジーやデータをより効果的に活用するための裏方である、スポーツアナリストという存在やその役割についても紹介します。

高価なシステムを使わなくてもできる簡単な分析の手法や、勘違いや錯覚に関するクイズなども使いながら、理解を深めていただきます。

この講座を受講することによって、スポーツのライブ観戦やテレビ観戦、またメディアの記事を読む際などに、データやテクノロジーという面からも興味を持っていただけるものと期待しています。

※7月11日(土)に豊洲キャンパスで開講する講座と同じ内容です。

講師プロフィール

橘 肇(橘図書教材)

京都大学大学院 人間・環境学研究科 修士課程修了
1992年 日本放送協会 入局
2000年 有限会社フィットネスアポロ社 入社
2019年 橘図書教材 設立
スポーツパフォーマンス分析に関する商品の営業職として20年間勤務。
さまざまなスポーツ現場への分析テクノロジーとノウハウの普及に努める。
2020年2月、翻訳書「スポーツパフォーマンス分析入門」(大修館書店)出版。

石﨑 聡之(芝浦工業大学工学部准教授)

順天堂大学大学院卒業後、小山工業高等専門学校講師を経て芝浦工業大学工学部准教授。

本学ではスポーツ健康学、サッカーなどの学部生を対象とした授業の他、大学院ではスポーツ情報に関する授業を担当。
日本体力医学会、日本体育学会、European College of Sport Scienceに所属している。
日本フットボール学会理事、埼玉県サッカー協会科学委員会委員なども務めている。

講師からのメッセージ

スポーツを裏で支える人やテクノロジーについて知ることで、スポーツ観戦への興味をより深めていただければ幸いです。

講座データ

会場 大宮キャンパス(さいたま市見沼区)
日程 開講日調整中
曜日 調整中
時間
回数 全1回
受講料
定員
対象 一般(高校生以上)
申込締切 調整中

お申し込み

申し込みはこちら

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む