公開講座ロゴ

[19A803]
自分たちで創る明るい未来都市!~大学生とつくるダンボールシムシティ~

講座概要

19A803
ダンボール都市デザイナーたち集まれ!
この講座では、大学生と子どもたち全員が市長になった気分で自然と共生した理想都市をダンボールで表現し、積み木遊びのように都市をつくります。
みんなで協力しあいながら、一つのまちを創りあげてみよう!思う存分うごきながら、まちづくりを体験してみませんか。

講師プロフィール

講師:作山康(芝浦工業大学システム理工学部教授) 
作山康
1983年芝浦工業大学建築工学科卒業、同年(株)都市環境研究所入所。
2008年上席研究員・執行役員東京事務所副所長を経て、2011年より現職。
都市計画学会、都市環境デザイン会議に所属している。
2001年から2004年、東京大学都市工学科非常勤講師を務める。
2011年から東北復興プロジェクトとして漁村集落の集団移転地計画・公民館再生・まちづくり拠点づくりを実施中である。
また原市団地サテライトラボ上尾にて高齢社会対応まちづくりの教育研究を進めている。

座右の銘は、「有言実行」

講師からのメッセージ

みんなで協力して理想のまちをつくろう!
ダンボール都市デザイナーたち集まれ!!

受講者の声

・我が子が建物が大好きで、家でもダンボールで色々作っていることから、ぜひ参加したいと思った。
一人で黙々と作るのと違ってみんなで協力して行うことの難しさも知れたと思う。先生の話はとても楽しくもっと聞いてみたいと思った。(保護者の声)

・子どもが紙工作で家をつくるのが好きなので高度な学習を楽しみながらできると思ったことがきっかけです。
子どもが人の輪に入るのが苦手なのですが、全く知らない子どもたちとはじめは戸惑いながら最後は仲良くまちづくりができたので
人間形成に良いと思いました。(保護者の声)

・低学年なので都市について考える機会はほとんどありませんが、そのきっかけになればと思いました。
また、いつも工作のように小さいものをつくっていますが、大きいものを皆でつくる機会はなかなかないので、とても貴重な体験でした。(保護者の声)

講座スケジュール

回数内容
第1回①都市のゾーニング(森、住宅地、商業・業務地、工場・エネルギーセンター、墓地)と都市インフラ(道や鉄道、川・湖) をつくろう

②段ボールで建築物や土木施設(橋や駅、風車) を建てよう

③子供たちが作った理想都市の空間体験。みんなで歩き回ろう

講座データ

会場 大宮キャンパス(さいたま市見沼区)
日程 8月21日
曜日 水曜日
時間 13:30~15:30
回数 全1回
受講料 3,000円
定員 35名(抽選)
対象 小学1年生~6年生
申込締切 7月22日(月)

お申し込み

申し込みはこちら

地域連携・生涯学習センターの公開講座お申込みにあたって

芝浦工業大学地域連携・生涯学習センターが開講する公開講座は、子どもから大人まで幅広い年齢の方を対象にしています。

お申し込みから受講までの流れ

受講キャンセル・返金

受講上のご注意

個人情報の取り扱いについて

肖像の使用に関する取り扱いについて

  上記の内容を承諾して申し込む